アウトサイダーアートと西陣の織り手によるファッションアイテム製作。

アウトサイダーアートと西陣の融合によるファッションアイテム製作プロジェクト。“やまなみ工房”で生み出された絵画作品を“西陣の織り手”がテキスタイルにし、“ROGGYKEI”のデザイナーがファッションに展開します。アウトサイダーアートと西陣をコラボレーションさせたファッションアイテムを製作し、テキスタイル×ファッションの新たな価値を提案します。
(全体監修/プロデュース:”博報堂”と”PR-y”)

ATELIER YAMANAMI(やまなみ工房)は、滋賀県甲賀市の障害者施設。現在86名の通所者がそれぞれ独自のスタイルで表現活動を行っている。一人一人の個性や楽しみ、そして生きがいを保障し、その取り組みは全国でも珍しく、実践や実績において今日では国内の障害者芸術を牽引。国内外で作品を発表するほか、スイス「アールリュットコレクション」やフランス「ABCDコレクション」等、世界的に有名なコレクションに作品が収蔵されるなど、世界的な注目を集めている。

This image has an empty alt attribute; its file name is 織手.jpg

加地金襴株式会社は、1980年に北野天満宮の門前町にて創業、京都の西陣地域を拠点に、日本伝統織物の真骨頂ともいうべき「金襴織物」を専門とし、寺社仏閣における装飾品をはじめ仏具関係の金襴製品を製造。1,000種以上にもおよぶオリジナルの金襴柄、特に水引・柱巻金襴や夏金襴(金紗)の美しさには定評がある。

This image has an empty alt attribute; its file name is ロギケイ.jpg

ROGGYKEI(ロギーケイ)は、興梠仁と景子のデザイナーデュオが手掛けるファッションブランド。大阪を拠点に活動。 “輪”“環”“和”を軸に全ては繋がり、一つであるという考えをファッションを通じ追求している。そのクリエーションが評価され、レディ・ガガがROGGYKEIの衣装を身につけたことでも有名。タイムレスかつユニークなディテールのオリジナリティを特徴としている。

PR- y(プライ)とは、2011年にデザイナーやフォトグラファーを中心に結成されたプロジェクトで、主に知的障害や精神疾患を持つ人たちによる創作物の魅力を社会に発信することを目的に活動。国内外のギャラリーや研究機関・教育機関などとも連携し、写真・映像・ファッション・インスタレーションなど様々な手法で障害者とのコラボレーションによる表現活動を行っている。主宰は、大阪・東京を拠点とするデザイン事務所・株式会社リッシの大阪代表・笠谷圭見。

アウトサイダーアートと西陣の織り手によるファッションアイテム製作。
西陣CONNECT拠点として、元大宮消防出張所をリノベーション。
グローバル家具ブランド”SCANTEAK“との西陣ファーニチャー開発。